水道工事を依頼する前に気になる蛇口の寿命のこと

もしも突然水のトラブルに見舞われたら、頼りになるのは水道工事専門業者です。蛇口 交換や部品の交換などを請け負っていて、どんな水のトラブルにも対応してくれます。大きなトラブルが起こる前に、小さなトラブルに気づいたら出来るだけ早めに修理を依頼することをおすすめします。

■蛇口の寿命はどのぐらいか

一般的に蛇口の寿命は10年前後と言われています。使用頻度や家族構成などによって差はありますが、毎日使うものなので、10年ぐらい経つとだいぶ老朽化が進み、いつ水のトラブルが起きてもおかしくない状態になります。すでに目に見えないところで小さなトラブルが起きている可能性もあります。部品の交換なら自分でも簡単にできそうと思うかもしれませんが、その蛇口の部品がすでに生産終了している場合は、自力で部品を探すのも一苦労です。
もしも部品が見つからなければ蛇口 交換する必要があり、その場合は専門業者に依頼することになります。

■蛇口で一番多い水のトラブル

やはりダントツで多いのが水漏れです。水が滲むようなトラブルだとなかなか気づきにくいですが、このぐらいなら特に困るわけではないからと放置しておくと、その水漏れが徐々にひどくなり、トラブルもどんどん大きくなります。小さなトラブルを放置しても状況が自然に改善するわけではありませんので、できるだけ早めに修理を依頼しましょう。
トラブルが小さいうちに対処すれば修理も水道工事も手短に終わりますし、トラブルが小さいことで修理にかかる費用も抑えることができます。早期発見のために、定期的に水道の点検を行うのもおすすめです。

■まとめ
蛇口 交換が必要になる水道工事が必要になる目安は、10年前後と覚えておいてください。そのころ何のトラブルがなかったとしても、突然目の前で蛇口が壊れて水浸しになる可能性はあります。専門業者では水回りの点検も受け付けているので、トラブルが起こる前に点検を依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ