一般的な水道工事にはどんな種類があるのか

水のトラブルが起きたときに必要になる水道 工事とはどんな内容で行われるのでしょうか。日本全国にはたくさんの専門業者があるので、安心して依頼できる業者を探すのもなかなか大変です。そもそも水道工事とはどんなことを言うのか、改めてこの機会に確認しましょう。

■ちょっと気になる水道工事のこと

水道工事には大きく分けてふたつのパターンがあります。ひとつは給水管引き込みで、もうひとつが屋内配管です。公道にある配水管から水を使いたい場所までの敷地内、もしくは建物の中にある水道メーターボックスまでの範囲に関するのは給水管引き込みです。メーターボックス、そのほか第一止水栓から蛇口が設置されている部分までは屋内配管になります。
このふたつをまとめて行う場合は給水装置作業に分類されます。通常の建物では直結式給水方式が一般的で、公道の配管からパイプに向かって直接給水します。

■水道工事には種類がある

水道工事はすべてが同じではありません。その場所、トラブルの症状に応じた作業が必要になります。もしもメーターボックスまでの距離が長かったときは一般的な作業ではなく、第一止水栓までの範囲で作業をするのが主な流れとなっています。
この公道作業は、改造や新設などにも分かれていて、水道を引き込みたい場所までの状況に応じてそれぞれに適した作業が行われます。

■まとめ
マイホームを建てるときやリフォームするときなど、新しく水道を引き込みたい場面では、必ず専門業者による水道工事が必要になります。依頼する側は特に専門知識がなくても無事に作業が進んでいきますが、素人なりにもある程度工事について理解しておくと、工事を依頼するときに専門業者による説明をしっかり把握することができます。安心して作業を任せるためにも、依頼する側も予備知識を頭の片隅においておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ